読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

速読

今日は、整体、クリエイト、読書2冊、これからギターの練習?

 

ロジカルシンキング

ロジカルシンキング系の本を二冊程度呼んだけれど、概要が分かった程度。ロジカルシンキング実学と書いてあったため、実際に使用しなければわからないだろう。そのため、実際に使用できる仕事(環境)に行くためにはどうしたら良いのか考える必要がある。

 

【速読】

速読については、

 

MBA

MBAは決断の方法を学ぶ場所であるという記事があった。コンサルの役割もそれで、仮に実行しないという決断をするなら、それはそれでひとつの回答であり、実行してもしなくても決断を促したことになる。

それがコンサルの役割だろう。

 

【喫茶店での仕事について】

喫茶店の一番のメリットは、ネットサーフィンをしないことだろう。確かにその通りで、ネットサーフィンは幅広い知識を知ることができるが、深い思考には向かない。つまり、ネットサーフィンは水平思考で、深堀は垂直思考ということ。今後の事を考えると、ファクトを集めるコストは大きく低下したので、水平的に学ぶことは、あまり意味が無いように思える。また、アウトプットを明確にしないと、情報に溺れるため、仮説を立てて情報を探すことが必要だろう。仮説と実測値の乖離にこそ、あたらな気付きがあるというのは、大学院で学んだ知識の中でも最も重要なものだろう。

 というわけで、喫茶店で勉強するのがよいかもしれない、

 

【その他】

僕は1日10時間程度働いて、帰ってからも本を読んで、土日も速読をしている。冷静に考えたら、こんなに頑張る必要はあるんだろうか。みんなもこのように過ごしているんだろうか少し気になった。もちろん自分でこの行き方を選んでいるのは間違いがないのだが、高校時代とかを考えると、夜は自由に過ごしていたし、部活に全力を尽くすと言っても、せいぜい1日3時間だし、時間あたりの密度を濃くしていきたい